FC2ブログ

シェムリアップに到着

2007年に行ったアンコール遺跡とバンコク8日間の旅の記録です。

アンコール1
時期は6月30日~7月7日、シェムリアップ3泊、バンコク3泊。
旅行会社は、今はもうありませんが㈱アイランズサーフアンドリゾーツにお願いしました。
アンコールワットとアンコールトム以外にも、見所いっぱいでした。

1日目
朝4:20自宅出発。
9:25成田発のシンガポール航空でバンコク14:00到着
乗り継ぎの時間は4時間近くありましたが、出来たばかりのスワンナブーム空港はショップも多く、退屈しません。
アンコール・バンコク07.07 343

18:10 バンコク発→シェムリアップへ
バンコクエアウェイズの飛行機
と思うほど、かわいいプロペラ機。
サンドイッチ、ケーキなどの軽食でました。
アンコール・バンコク07.07 009

PM19:25 シェムリアップに到着
シェムリアップの空港
アンコール・バンコク07.07 345   アンコール・バンコク07.07 014
ビザは既に取得していたので、そのまま入国審査を経て、混雑もなく入国しました。
空港でエビアンを買いましたが、確かUS$1.5だったと思います。
到着後は、現地旅行会社JHCの女の子が迎えに来ていました。
今年5月に日本語学校を出て就職したそうです。

夕食はシェムリアップの中華料理店です。
わりと広いお店で、結構、お客さんが多かったです。
写真はないですが、空芯菜炒め、イカと野菜を炒めた物と、肉の揚物など、味は微妙ですが、海苔のスープは美味しかったです。

宿泊はサリナホテルです。
sarina.jpg  sarina2.jpg
シャワーのお湯の出があまりよくなかったですが、普通の部屋です。
スリッパやバスローブ、冷蔵庫はあります。
料金が安かったので、特に不満はありません。

シェムリアップの第一印象
シェムリアップはアンコールワットがある町です。
観光地なのに、空港から国道を通って来ましたが、殆ど暗いです。
信号が1つしかないと聞き、すごい所にきたんだな・・・と感じました。

明日アンコールワットが見れると思うとワクワクです。

スポンサーサイト



アンコールトム

観光1日目は、午前にアンコールトムへ行き、午後からはアンコールワットです。
アンコールワットは、午前中は写真を撮るのに逆光になってしまうので、午後の観光が多いそうです。

8時30分にホテルを出発。
先ず、料金所で3日分のチケットを購入。
これで殆どのアンコール遺跡に入場できます。
angkor1.jpg
料金所を過ぎ、暫らく進むと、突然、堀に囲まれた巨大遺跡アンコールワットが現われます。
わー!これがアンコールワット!と感激しましたが、通過。
まずはアンコールトムからです。

アンコールトム
アンコールトムは大きな町という意味で、一辺3キロの城壁に囲まれています。
その中央にバイヨン寺院、そこから北に王宮、像のテラス、ライ王のテラスなどがあります。

南大門
アンコールトムの入口の一つ、バイヨン寺院に通じています。両側は神々と阿修羅がナーガを引き合っています。
アンコール・バンコク07.07 021

アンコール・バンコク07.07 023
上部は約3mもある観世音菩薩の四面塔。
車1台がギリギリ通れる幅です。
この南大門は、カンボジアで一番最初に見たものなので、とても印象深いです。


バイヨン
観世音菩薩の四面塔は全部で49基あるそうです。一見すると石がゴツゴツという感じですが、顔だらけです。
こんなに沢山の顔に囲まれると怖いような気がしますが、穏やかな顔をしています。
当時の信仰の深さを感じます。
アンコール・バンコク07.07 054
アンコールワットの壁画は宗教色が強いですが、バイヨンでは王宮や庶民の日常生活が多いです。
亀にお尻を噛まれ振り返っている人。チャンパ(当時のベトナム)との戦い。
アンコール・バンコク07.07 029   アンコール・バンコク07.07 031

3つの菩薩が並んで見えるところから撮りました。
アンコール・バンコク07.07 039

「クメールの微笑み」と言われる観世音菩薩
アンコール・バンコク07.07 041

アプサラのレリーフ
アンコール・バンコク07.07 036   アンコール・バンコク07.07 025



アンコールトムの後は像のテラスです。

像のテラス~ライ王のテラス

像のテラス
王族達が閲兵を行ったテラス、約300メートルあります。その先はライ王のテラスです。
バイヨンから歩いて行きます。
アンコール・バンコク07.07 057

像のレリーフが続いています。
アンコール・バンコク07.07 058

王宮の塔門の正面にある「王のテラス」。
ガルーダと、ライオンとガルーダが一体化したガジャシンハがテラスを支えています。
アンコール・バンコク07.07 062

アンコール・バンコク07.07 063


3つの頭を持つ像の柱
アンコール・バンコク07.07 059

ライ王のテラス
テラスの高さは約6m、ラテライトと砂岩でできていて、内部には狭い通路があります。

アンコール・バンコク07.07 071

ライ王のテラスから像のテラスを見る。
写真には写っていませんが、ここにはライ王像のレプリカがあります。本物はプノンペンの博物館にあります。
アンコール・バンコク07.07 070

ライ王のテラスの内部。
阿修羅や神々、デバターの彫刻です。
下には9つの頭を持つナーガの彫刻があります。
アンコール・バンコク07.07 068

内部は細い通路で、迷路のようです。
アンコール・バンコク07.07 066

このあとは、車で少し移動して、タ・プロームです。

タ・プローム

アンコール・バンコク07.07 084
アンコール王朝の王の一人、ジャヤヴァルマン7世が母のために作った寺院。
約150年前に発見された当時の状態に近いです。
長い年月放置されていた遺跡は、ジャングルの樹木スポアン(ガジュマルの一種)に覆われています。
遺跡が樹木に押しつぶされそうで、自然の驚異が感じられます。




西門
ここから入って行きました。
アンコール・バンコク07.07 072

一番有名な巨木
いつも、ここは混んでいるそうです。
アンコール・バンコク07.07 077

木の上に更に別の植物が張っています。
アンコール・バンコク07.07 081

大蛇に見えるものもあります。
アンコール・バンコク07.07 082

昼食は「アマゾン」というレストランです。
アンコール・バンコク07.07 086
ものすごいガタガタ道を通って行きますが、1年後に行ったときは、綺麗に舗装されていました。
レストラン店内は、新しくて清潔感があります。
シェムリアップで食べる初めてのカンボジア料理は、カレーや炒めた野菜など、デザートはカボチャプリンでした。
白身魚をバナナの葉で包んで蒸したアモックが、美味しかったです。

食後は、ホテルへ戻って一休み。
その後、アンコールワットへ行きます。

午後はアンコールワット

午後は3時にホテルを出発して、アンコールワットの観光です。

アンコールワットは、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神を祀った寺院ですが、王の墳墓でもあります。
全て石造りで、左右対称、中央には5基の塔があります。
西を向いているため、午前中は逆光になるので午後の観光が多いそうです。
今まで写真や映像ではよく見ていたアンコールワットですが、実際に見ても感動でした。
密林の中から突然現れるという感じです。

アンコール・バンコク07.07 134


西参道
この参道から西塔門を抜けて行きます。
周囲約5キロのお堀は毎日清掃しているとのことで、きれいです。
今にも雨が降りそうです。
アンコール・バンコク07.07 004

西塔門の中で人だかりが。何かと思ったら・・・小さい赤ちゃん。
アンコール・バンコク07.07 089  アンコール・バンコク07.07 090

参道の両側の聖池は、写真撮影のスポットです。
アンコール・バンコク07.07 135

このあとは土砂降りの雨になりました。

先ず、第一回廊から
第一回廊の西側はインドの叙事詩「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」。
南側はアンコールワットを建造したスールヤヴァルマン二世が描かれています。

アンコール・バンコク07.07 116


「ラーマーヤナ物語」を描いた壁画
20本の腕と10の頭を持つ魔王ラーヴァナ。ラーマ王子と悪魔ラーヴァナの戦い。
アンコール・バンコク07.07 099

有名な「乳海攪拌」も雨が染み込んでいます。
「乳海攪拌」の中心部分、ビシュヌ神。
アンコール・バンコク07.07 119

中央塔がある第三回廊に登りますが、第二回廊で雨が止むのを待ちました。

沐浴の池
アンコール・バンコク07.07 101

第三回廊への階段
アンコール・バンコク07.07 103  アンコール・バンコク07.07 105

格子窓
アンコール・バンコク07.07 111

すごい雨です。
アンコール・バンコク07.07 115 

雨が止み、第三回廊へ登りました。
第三回廊から見た西参道。この参道を歩いて来ました。
アンコール・バンコク07.07 126
 
中央塔第三回廊
アンコール・バンコク07.07 125  アンコール・バンコク07.07 129

デヴァター
アンコール・バンコク07.07 130   アンコール・バンコク07.07 124

夕日を見に行く予定だったプノンバケンが見えます。
この日は、天気がよくなかったので行きませんでした。
プノンバケン

第三回廊への階段は急勾配で怖いですが、今は上ることができないので行ってよかったです。
上からの眺めは、ジャングルの中にあると言う印象です。

帰りは雨も上がりました。
アンコール・バンコク07.07 137

天気が良くなかったので、このあとの夕日鑑賞は行きませんでした。
夕食はアプサラダンスディナーショーです。


 | HOME |  »

プロフィール

砂漠1 25

cats eye

Author:cats eye
出身地:東京
血液型:O型
星 座:山羊座


最新記事


カテゴリ

旅行記 (315)
2016 夏休み ダナン・ホイアン (22)
2016 年末年始 ホーチミン (11)
2015 夏休みバリ島 (8)
2015 年末年始バリ島 (7)
2014 夏休みバリ島 (18)
2014 GW.ソウル (10)
2014 年末年始バリ島 (15)
2013 夏休みバリ島 (13)
2013 年末年始バリ島 (9)
2012 夏休みバリ島 (15)
2012 大阪 (9)
2012 GW京都 (13)
2012 年末年始バリ島 (10)
2011 夏休みバリ島 (12)
2011 年末年始バリ島 (11)
2010 夏休みバリ島 (31)
2010 年末年始バリ島 (16)
2010 GW北陸~伊勢 (7)
2009 夏休みバリ島 (7)
2009 夏休みジョグジャカルタ (4)
2009 GW 立山黒部アルペンルート (2)
2009 年末年始バンコク (9)
2007 アンコール遺跡 (11)
2005 北ドイツ (30)
2005 GW インド (14)
食 (11)
今日のお弁当 (3)
作ったもの (2)
最近、食べたもの (6)
日々の記録 (10)
アロマテラピー (5)
健康 (2)
未分類 (7)

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック


最新コメント


フリーエリア


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

FC2カウンター


フリーエリア