FC2ブログ

1日目*成田からデリーへ

数年前のGW5月1日から5日間、インドへ行ってきました。
「ゴールデントライアングル5日間」というタイトルで、デリー、アグラ、ジャイプールに滞在するツアー。
女性4人、男性4人、インド人ガイドさんと旅行会社のインド人、それにドライバー2人の旅です。
インドって、いったいどういうところでしょう。楽しみです。

 日程
1日目:12:00成田発→バンコク経由→19:40デリー着
2日目:アグラ観光
3日目:ジャイプール、アンベール城観光
4日目:デリー観光、17:40デリー発→バンコク経由→成田へ
5日目:8:00成田着


エア・インディアのバンコク経由でデリーへ。
機内食です。
和食は魚「むつ」と「五目御飯」でしたが、やっぱりインド料理でしょう
これはカッテージチーズのカレーと、アプリコットムース。
12_20110312175259.jpg


デリーに着いたのは夜です。
空港内の印象は、椅子のカバーがボロボロだったり、日本では考えられない光景でした。

迎えに来てくれたのは、ガイドのグプタさん。
ホテルはスイス・インターナショナル
10_20110312174555.jpg


バルコニー付きのお部屋です。
シャワーはお湯が出ませんでした。レンガ作りのバスタブ(初めて見た)の中には、バケツと手尺がありました。
使い方が分からないので、とりあえず水のシャワーを浴びて、さっさと寝ました。
でも、これで4つ星ホテル?
11_20110312175259.jpg


ホテルには、ツアー会社の社員でインドに7年ぶりに帰ってきたというクマールさんが待っていました。
彼は前日にインドに到着し、旅行中、ずっと同行しましたが、ガイドではありません。
私たちより良いホテルに泊まってたし、写真を撮ったりで、楽しんでました。
スポンサーサイト



タージ・マハル ~inアグラ

2日目は、朝からアグラーへ向かいます。
デリーからアグラーまでは190キロ、約5時間です。
アグラーはムガール帝国の首都だった都市。世界遺産のタージ・マハルがあります。
201.jpg




アーグラー到着後、先ず今日泊まるホテル・アマールで昼食です。
インドで食べる初めてのインド料理です。
202.jpg
カレーは4種類、ナンとピラフのようなご飯、すべて美味しかった。
もっと辛いのかと思いました。


選挙前なので、ホテルの前で集まりがあるみたいです。
203.jpg


タージ・マハルの見学です。
この東門から入りました。
204_20110312233638.jpg

ずーと歩いていくと
205.jpg


正門
206.jpg

正門をくぐると・・・
207.jpg

左右対称の美しいタージ・マハルが姿を現します。
208.jpg

タージ・マハルは、ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンが妃ムムターズ・マハルのために建てたお墓。
22年の歳月をかけ1653年に完成しました。
ドームの高さは64m、ミナレットは43m、ヤムナー河のほとりにあります。
この時期は乾季だったので、正面の泉水はありませんが、白い大理石のドームは美しかったです。

細密な透かし彫りが施されています。
209.jpg


世界各地から大理石を取り寄せられました。
ドームの左右にはモスクがあります。
211_20110312234100.jpg

タージ・マハルから見た正門。
rimg0025.jpg

次は、ムガル帝国の権力の象徴アグラ城へ向かいます。


アグラ城 ~inアグラ

アグラは16世紀にムガル帝国第3代皇帝アクバルが首都を置き、約1世紀ですが、帝国の中心として繁栄した町です。
有名なタージ・マハルの他に、もう一つアグラ城もあります。
アグラ城はアクバルによって築かれたお城。
また第5代皇帝シャー・ジャハーンが幽閉されたところです。
城壁は赤砂岩でできていて、内部にはいくつかの宮殿と緑の芝生があります。

1_20110319231053.jpg


アマル・スィン門
ここから入ります。
2_20110319231052.jpg

門をくぐり、暫く歩くとジャハーン・ギール宮殿があります。
30.jpg

ジャハーン・ギール宮殿
アクバル皇帝が息子の第4代皇帝ジャハーン・ギールのために建てたそうです。
3_20110319231052.jpg

城壁内部。
5_20110319231052.jpg

同じく城壁。
8_20110319231258.jpg

囚われの塔の内部。
第5代皇帝シャー・ジャハーンが息子に幽閉され、1666年に亡くなるまでの7年間、ここで過ごしたそうです。
中央には噴水もあって、囚われの塔といっても豪華だった感じがします。
ここから最愛の妃が眠るタージ・マハルを眺めていたと言います。
7_20110319231259.jpg

アグラ城から見たタージ・マハル
ヤムナー河の水量がもっとあれば、タージ・マハルが水面に浮かんだように見えるのでしょう。
6_20110319231259.jpg
ここに幽閉された皇帝シャー・ジャハーンは、ヤムナー河を挟んでタージマハルの対岸に、黒大理石の自身の墓を造りたいという望みを持っていたそうです。
でもそれは叶いませんでした。


左の白いアーチ型の柱の建物はディワーネ・アーム、一般謁見の間です。
9_20110319231258.jpg

アグラ城内は広くて、この他にも宮殿があります。
なんだか急ぎ足で見て回った感じでしたが、緑も多く、宮殿内部の模様も繊細で、ムガル帝国の繁栄が窺えます。

アグラのホテル

アグラでは、アマール・ホテルに泊まりました。
タージ・マハルへは2キロ弱。
小さいながらプールもあるし、シャワーも問題なく、快適でした。
ただ、短い時間ですが、停電しました。
部屋の様子。
42_20110321220753.jpg


夕食は、インドの定食「ターリー」。
昼食もこちらのホテルでしたが、昼夜とも美味しかったです。
44.jpg


外が賑やかだったので、見に行ったところ、結婚式でした。
これから花婿を迎えに行くところだそうです。
43_20110321220753.jpg

アグラからジャイプールへ

3日目はジャイプールへ向かいます。
アグラからジャイプールまでは車で約170キロ。移動中は、こんな道が続きます。
rimg0048.jpg

途中、車が故障して停車していたら、人が集まってきました。
rimg0049.jpg

街中で車が停車すると、土産を売るこんな人も度々いました。
46_20110326221721.jpg


ジャイプールはラジャスターン州の州都。
旧市街は城壁に囲まれ、7つの門があります。
その中には宮殿や古い建物があり、町並みがピンク色で「ピンク・シティ」とも言われています。

ジャイプールの城壁
rimg0051.jpg

こちらも城壁
50.jpg

像が歩いています。
rimg0054.jpg

像を撮ったつもりですが、よく見ると像の足元で人が横たわっています。
インドでは、道端で寝ている人よく見掛けました。
rimg0053.jpg

 | HOME |  »

プロフィール

砂漠1 25

cats eye

Author:cats eye
出身地:東京
血液型:O型
星 座:山羊座


最新記事


カテゴリ

旅行記 (315)
2016 夏休み ダナン・ホイアン (22)
2016 年末年始 ホーチミン (11)
2015 夏休みバリ島 (8)
2015 年末年始バリ島 (7)
2014 夏休みバリ島 (18)
2014 GW.ソウル (10)
2014 年末年始バリ島 (15)
2013 夏休みバリ島 (13)
2013 年末年始バリ島 (9)
2012 夏休みバリ島 (15)
2012 大阪 (9)
2012 GW京都 (13)
2012 年末年始バリ島 (10)
2011 夏休みバリ島 (12)
2011 年末年始バリ島 (11)
2010 夏休みバリ島 (31)
2010 年末年始バリ島 (16)
2010 GW北陸~伊勢 (7)
2009 夏休みバリ島 (7)
2009 夏休みジョグジャカルタ (4)
2009 GW 立山黒部アルペンルート (2)
2009 年末年始バンコク (9)
2007 アンコール遺跡 (11)
2005 北ドイツ (30)
2005 GW インド (14)
食 (11)
今日のお弁当 (3)
作ったもの (2)
最近、食べたもの (6)
日々の記録 (10)
アロマテラピー (5)
健康 (2)
未分類 (7)

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック


最新コメント


フリーエリア


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

FC2カウンター


フリーエリア