FC2ブログ

大韓航空でソウルへ

今年のGWは3泊4日のソウル旅行です。
成田17:00発仁川空港着19:25のKE002便、初めての大韓航空です。
夕方便のせいかGWなのに成田空港はすいていました。

仁川空港で撮った大韓航空機


機内食
あんかけ炊き込みご飯

大韓航空の感想は、2時間半でしたが快適でした。エンターテイメントのプログラムも多いし、『アナと雪の女王』が見られたこが嬉しかったです。

仁川空港到着


仁川空港から約1時間でホテル到着。
宿泊は『南大門パレスホテル』

格安ツアーなのでホテルは期待してませんでしたが、立地がいいです。
明洞や南大門へ歩いて直ぐ、最寄り駅の地下鉄『会賢』からも近いです。

部屋からソウルタワーが見えました。

口コミではシャワーカーテンがないとのこでしたが、ありました(笑)。
エレベーターのそばにウォーターサーバーもあって、まずは良いホテルと思います。

翌朝はホテル近くの『POMATO』で


日本語のメニューがあるので助かります。


ツナキンパ


餃子やトッポキ等が入ったスープ(名前は失念)


ツナキンパがとても美味しかったです。
上記2品でW7,000でした。
スポンサーサイト



ソウル2日目 景福宮

2日目は朝から『景福宮』の観光です。

景福宮(キョンボックン)はソウル市内の5つの王宮の中で最も規模が大きく美しいとされ、約600年間、王の政務や生活の場でした。また風水地理を取り入れ、漢江の北、白岳山の南に王宮を建てたといいます。

まず光化門を入ると『興礼門』


広場にあった太鼓


続いて『勤政門』


勤政門を通って『勤政殿』へ
王の即位式や外交官の接待など、国家の公式的な行事を行う場所です。


君主が勤政殿に上がる時のための踏み石。
君主を象徴した鳳凰が彫られています。


勤政殿内
屏風に描かれた「日月五峰図」は2007年1月に発行された1万ウォン紙幣に採用されたそうです。
「太陽と月」は王と王妃を象徴し、「5つの峰」は王が治める広い国土を意味しています。韓国ドラマ「太陽を抱く月」のタイトルバックの絵ですね。


『思政殿』
勤政殿の一直線上、すぐ裏側に位置しています。


勤政殿で公式的な行事が行なわれたのに対し、思政殿は王が日常的な業務を処理していた執務室です。


頭上には王を象徴する龍が描かれいます。



『康寧殿』
王の寝殿。


ここで食事をしていたのか、食器が配置されています。


殿内は9つの部屋に分かれています。



『交泰殿』
王妃の生活の場です。


康寧殿ともに装飾の施された格子戸で仕切られています。


『咸和堂』
この咸和堂と、写真はないですが隣接した『緝敬堂』は高宗時代に建てられ、二つの建物は通路でつながっています。
皇后や宮女が使っていたと推測されています。


『香遠亭』
1867年、高宗が乾清宮を建てる際に香遠亭を建て、散歩を楽しんだそうです。
ここは景福宮の中で最も美しい場所です。


『乾清宮』
1873年、高宗皇帝により建てられ、高宗とその妃の明成皇后が暮らした場所です。
また1895年、明成皇后が日本からの刺客により殺害された場所です。


駆け足のように景福宮を観てきました。
国立民族博物館方面の出口をでた所です。


博物館入口近くにある『十二支神像』


村民の家


室内


村の信仰の対象であった『ソッテ』というものらしい。




この後は博物館出口を出て、北村へ向かいました。

ソウル2日目 三清洞・北村韓屋村

景福宮の後は北村韓屋村へ向かいました。
まずは景福宮を出て三清路を左に行き、直ぐ右に曲がった通りを進みました。通りの名前は分かりませんが、『黄生家カルグクス』がある通りです。
下の地図の赤線を歩いて北村韓屋村→仁寺洞へ行きました。


こちらはカフェです。


こちらもカフェ。ペンギンが可愛い。


カフェも多いですが、全体の印象としてはアートな感じがしました。
午前中なのか人が少なく、いい雰囲気でした。


暫く歩くと観光案内所があり、この地図も案内所でいただきました。
案内所の左の道に入って行くと、またショップやカフェなどあります。
ゆっくり見て歩きたい所です。
そのまま進むとまた三清路に出ます。

オシャレなカフェが多いです。


地図によると北村韓屋村へ行くには、どこか右に入るんですが、分かり難いです。
この階段から入って行きました。


階段を上がったところにあった地図です。
ここは12です。


12からの見晴。


地図の順路に従って北村を観て歩きました。

『展望台』と看板があったので、途中右に入った所を撮りました。
でも展望台へは行きませんでした。


ここ三清洞エリアは、朝鮮王朝時代に高級官僚が住んでいた住宅地です。


北村韓屋街では昔の街並みが味わえます。


観光客が多いですが、脇道は静かな住宅地です。


このまま南下して仁寺洞へ行きました。
また訪れたい所です。

ソウル2日目 仁寺洞でランチ

三清洞から仁寺洞に歩いてきたのですが、仁寺洞通りに入ったとたん、すごい人で歩くのも大変でした。

行列ができていたホットク屋。


人をよけて歩くのも疲れたので、脇道に入り、この店でランチにしました。


『豚肉甘辛炒めと野菜葉包みご飯定食』(二人前でW20,000)

豚肉は辛くなく、野菜葉もクセがないです。
中央の小さい鍋は魚と大根で、美味しいのですが、超辛いです。
店内は満席で待っている人もいたので、食べ終わって直ぐお店を出ました。

ソウル2日目 韓方の粉を買いに京東市場へ

仁寺洞は人が多いので早々に切り上げ、顔パック用の韓方の粉を買いに京東市場へ向かいました。

京東市場(薬令市場)は地下鉄「祭基洞駅」で下車。
韓方市場があるだけあって駅構内にも韓方の展示。




こちらは草花。


目的の韓方の粉を売っている『東明人参』は2番出口を出て真っ直ぐ歩いていきます。
途中、薬令市場の門が右にあり、間もなくすると『東明人参』があります。
通りの角にあるので分かりやすいです。



たくさんあるので迷います。


日本語のメニューを渡されます。








大体W3000~W6000位です。

店の人が一番売れていると言う『西施玉容散』と、アンチエイジング効果で『麦飯石』、無難に『米ぬか』の3種を購入しました。

マジックを渡され品名を書くように言われます。

『西施玉容散』はシミ、ニキビ、くすみ等によく、14種類の漢方薬で作られているそうで、匂いはキツイですが、スクラブ効果があって肌が白くなったような気がします。

『麦飯石』は、ヨーグルトと混ぜると、感触や見た目も、よくある泥パックです。さっぱりします。

『米ぬか』はしっとりして、肌がツルツルになりました。

以上すべてヨーグルトと混ぜて使ったからか、洗い流した後、しっとりしていました。

 | HOME |  »

プロフィール

砂漠1 25

cats eye

Author:cats eye
出身地:東京
血液型:O型
星 座:山羊座


最新記事


カテゴリ

旅行記 (315)
2016 夏休み ダナン・ホイアン (22)
2016 年末年始 ホーチミン (11)
2015 夏休みバリ島 (8)
2015 年末年始バリ島 (7)
2014 夏休みバリ島 (18)
2014 GW.ソウル (10)
2014 年末年始バリ島 (15)
2013 夏休みバリ島 (13)
2013 年末年始バリ島 (9)
2012 夏休みバリ島 (15)
2012 大阪 (9)
2012 GW京都 (13)
2012 年末年始バリ島 (10)
2011 夏休みバリ島 (12)
2011 年末年始バリ島 (11)
2010 夏休みバリ島 (31)
2010 年末年始バリ島 (16)
2010 GW北陸~伊勢 (7)
2009 夏休みバリ島 (7)
2009 夏休みジョグジャカルタ (4)
2009 GW 立山黒部アルペンルート (2)
2009 年末年始バンコク (9)
2007 アンコール遺跡 (11)
2005 北ドイツ (30)
2005 GW インド (14)
食 (11)
今日のお弁当 (3)
作ったもの (2)
最近、食べたもの (6)
日々の記録 (10)
アロマテラピー (5)
健康 (2)
未分類 (7)

月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック


最新コメント


フリーエリア


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

FC2カウンター


フリーエリア